いろいろ

ま、いまのトモダチなくなってもいい、なノリで書いてます

スポンサーサイト

さいきん、目につく気になるマナーの数々

社会復帰に向けて

自営業で現場に張り付いて5年。テレビも見ないで過ごしたおかげで、一般社会が目にしている事件や流行をやや無視した生活を送っていた。本質的な世の中のことは、街を歩けばなんとなくつかめるが、その理由を説明する専門用語は目の前にあまり出てこないし、スコーンづくりには必要なかった。とりあえず、経済雑誌をみなおして、テレビもかなりランダムに見るようになって、こんどは宣伝会議のバックナンバーをとりよせてぱらぱら...

創業者Bのジレンマ

コンサルタントの応募課題に、「地域活性化を願う創業者B」という人がいて、その人はとくに決めていないが人の集まる拠点を作りたいのだという。経営を維持するためにもカフェを併設してみたいが、何か具体的なアイデアはないか、というのがその内容。実際こういう人、結構多い。見た目は立派でオサレな感じがするけれど、何か具体的な願いや目標もなく、総じてうすっぺらい。むかっ腹が立ってくるタイプです(笑出題者がこのあた...

いつのまにか「おかあさん」ということばがなくなって「ママ」が充満してる、というようなことなど

◆世の中なんたら女子、なんたら男子、っていうのが増えたな、と社会復帰をしていろいろなメディアをななめよみしていて感じたこと。ある日のクラウドファンディング募集ページでどんなかわったプランが発表されているのか、というのを見ていたら、託児所付きシェアオフィスというのがあった。アイデア的にはすげーな、と思ったが、結局そのファンディングは予定資金にまったく届かないまま終了した。ノマドワーカーが増えたなあ、...

結局、片手間というのは世界の敵なんだとおもった

コンビニの日販から逆算した、個人商店が維持できる条件

セブンイレブンの日販はだいたい60万円で推移してるようで、下位のサークルKなどは45万円くらいだそうです。下位の売上高を、お店が維持できる水準と考えて、ここからどのくらいの来客頻度が個人店の維持に貢献するに足るものか、というの試算してみました。日販45万円。この中には公共料金の支払いや宅配便依頼などもあるので、実際には少なく見て35~40万円が妥当なところではないかなと思います。お昼休みでお弁当を買うなどを...

「弁当男子」というコトバで判別できる自分の新旧パラダイムシフト度合

「弁当男子」という言葉を聞いたとき、世代別にいやな顔をするのと、いいねという見方をするのに分かれるのだそうだ。さて、このことばを見たとき、あなたは嫌な感じがしたか、いい感じに感じたか。そもそも弁当男子とはどんなものか。自分で作った弁当を職場に持ってくる男性をさすことばだ。発生したのは2008年後半ごろからで、ちょうどリーマンショックまっさかりのとき。「草食男子」というコトバなども流行りだし、いわゆる「...
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。