いろいろ

ま、いまのトモダチなくなってもいい、なノリで書いてます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

社会復帰に向けて


自営業で現場に張り付いて5年。テレビも見ないで過ごしたおかげで、一般社会が目にしている事件や流行をやや無視した生活を送っていた。本質的な世の中のことは、街を歩けばなんとなくつかめるが、その理由を説明する専門用語は目の前にあまり出てこないし、スコーンづくりには必要なかった。

とりあえず、経済雑誌をみなおして、テレビもかなりランダムに見るようになって、こんどは宣伝会議のバックナンバーをとりよせてぱらぱらと読んでいる。

2年前くらいの号をそれぞれ読んでいるのだが、「ことしはこのテーマが来る!」と言ったものが実際どうなったかというのを検証できるので、おもしろい。毎年続けたイベントが今年は打ち切りになっていたり、その意味をいろいろしらべて判明したり、と、意外とバックナンバーとして読むほうがためになったりする気がしている。

Bizスタイルのスキルアップには、こういうのは不要で、コンビニをまわってる程度でいい、といわれたのだが、相談に乗る実戦経験が伴わない以上、事例につながる要素を集めるという意味では必要だ、と思っている。

実際にこういうのを読んでいると、最新のメディアチャンネルの活用事例や、広告がヒットする背景の変化などをとらえることができるので、たとえば10年前に主題にしていたテーマとはややちがったアプローチが必要になっているのをはっきりと知ることができたりする。情報発信のコンサルタントをするときにこのポイントのズレを修整できていれば、よりよい成果に結びつくのは目に見えているしね。

さて、そもそもそういうスキルを世界はわたしに必要とするのか、というのがあるのだが、とりあえずはやってみようと思う。

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。